プロフィール

るきあ

Author:るきあ
お猫さまらぶらぶ。
ちょっと壊れている。
同盟バナー猫中動

1 Click Animalsへ

↑今主張してる事。
国家予算が赤字なら、動物の捕獲・処分もやめるべきと信じて疑わない。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シェアブログ7に投稿

「ゆとり教育」がやめになるという今日このごろだが…。
先日、みょ~にひっかかるレスに出くわした。
『あなたは究極まで調べてから質問してますか?』

それはあるソフトの使い方質問板。ユーザーがわかんないとこをカキコして、それに(基本的に)ユーザーがレスをするというもの。
そこに出ていた質問にこうしたレスがついていた。

ワタシにはよくわからなかったのだが、レスをつけたその方にとって、その質問は高度でなかったらしい。
つまり、回答者のかたは『そのてーどならマニュアルもっと調べれや(うぃず苛立ち)』てな程の意味でそう書いたのじゃろうとは思ったが、これらの回答にはやはり、引っ掛かるものがあった。

究極まで調べるなら(調べるのに必要な知識量と時間と気力ががあるならば)、そもそもその掲示板は要らない。と思う。

ついでに言うと、それでもそう言いたくなる程、苛立つ必要もそもそもないのじゃなかろーか。
そこでの回答はボランティアなのだ。誰に強制されている訳でもない。


昔こんな回答を目にした事がある。
『(どうやったら声優になれるか、という質問に対して)それを人に聞いているのでは駄目。まず自分で調べてみて』
厳しく鼓舞する立派な回答だが、正直反感を持ったのもまた事実である。
人の鼻先はたき返すような回答なら(少なくともワタシは)要らない。


いずれのケースでもワタシは無関係者だったが、愉快とは反対の気分になった。
今でも思い出すとビミョーな心持ちになる程だ。


人にものをきくことは、安易なことであると言われ評判はよろしくない。
自分で調べることこそが尊いのであると。
しかしその根底には、『人にものを聞かれるのはうざい』という気持ちが隠されてはいまいか。
いや、それ自体はいいのだ。
いろいろきかれまくったら確かにめんどくさい。教えることはきくことよりたいてい大変だ。
しかし、それを精神論に結晶化させるのはいかがなものか。
ボランティアなのにわざわざ、苛立ちまじりの精神論なんて展開してくれなくていい。
確かにあの声優さんは声優道における先達だ(あ、ワタシが現在声優である、というわけではない。残念ながら)。後進を鼓舞する使命は嫌でも帯びざるを得ない、それは理解できる。しかしだからと言って『聞いてたらダメ』はあんまりだ。
少なくともワタシはそう思う。


ものを調べるためには、そのための知識が要る。
曲がりなりにも他人に答を与える立場に立ったなら、最低限このことだけは押さえてほしい。
あまりにも知らない事は調べられない。調べようとすることすらできない。そのことをたいていの人がわからないでいる。
(やれば調べられるだろ、考えればわかるでしょと、目の前の人間が何考えてるかもわからないのにおっしゃる先達がどこに行ってもいるのが恰好の証拠である…)
これをもし、件のボランティア回答者氏や声優氏が知っていたなら、ご本人方も聞いてる側も、もう少し心穏やかでいられたのではなかろーかと考えたりする。

「ゆとり教育」がやめになる、といわれているが…。
義務教育でやるべきなのは、暗記の量をただ増やすより、道徳の教科書を読解問題のネタに加えるより、むしろこうした根源的な--例えば情報工学の初歩等、自分の知識の賢明な取り扱いに関わることどもを、教えることではないだろうか。
スポンサーサイト

コメント

子供の頃ね、分からない事があると直ぐに母親に聞いたの。
そしたら、自分で調べなさい、それでも判らなかったら聞きなさいと言われ続けたのよね・・・
なんか、子供心に悲しかったわ・・・(T^T)

子供はわかんないのに

子供のころって、調べるってもなに調べたらいいのかすらわかんないですよね…
(今みたく「とりあえずウィキペディア♪」なんてのもできなかったし…。)
それを忘れないオトナになりたいです。
もとい、忘れない大人でいたいです(背伸びww)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。