プロフィール

るきあ

Author:るきあ
お猫さまらぶらぶ。
ちょっと壊れている。
同盟バナー猫中動

1 Click Animalsへ

↑今主張してる事。
国家予算が赤字なら、動物の捕獲・処分もやめるべきと信じて疑わない。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日放映の討論番組にて…

非正規雇用が拡大している、問題か問題でないか?
というテーマでしたが。

ある正社員の方からの投稿にこうありました。
(意訳。)
『パイの大きさが変わらない中で、能力のあるものが浮かび上がる、そうなると誰かが割を食うのはやむなし。』と。

その方は「正社員」でなくなったとき「過去の自分をぶん殴りたくなる」んだろうなあ…と勝手に思いました。

ふつうに役員・経営者としてはやっていけない考えだし、非正規雇用になった場合高い確率でご自分が割を食ってしまわれているのだろうから。
ぜひ、よい方に転んで、過去のご自分を殴ってさしあげてほしいです。
「わかりきったこと」と言われそうなことを発信なさる方は、とても精神的に張り詰めている…
もっと言えば何かを思いつめて、なおかつそのキモチにフタをしていらっしゃることが多いようです。
その方は、正社員でありながら割を食ってしまわれているのではないか。
それとも、その方の大切な人が非正規雇用で…
と思ってしまいました。
そうだとしましたら、そのことを、発信するほど思いつめておいでのその方は、この先どうなさるのでしょうか。
もし、正社員という、ある程度発言権と使える財力が大きいだろう方の多くが、そこまでつよく思っていらっしゃるのであれば、事態が大きく動くのはもうすぐそこではないか、そう思われます。
(広い意味での)不正は見過ごせば、ゆくゆくは自分に降りかかり首を絞めるもの。
たとえ自分がそれによって現在利益を得ていても、それゆえに恐怖や嫌悪の対象であることは変わらないのですから。


問題を解決するにはチカラのある方と、恐怖で動けない方が、動けるように道筋をつけるのがよい方法ではないかと考えています。
ただ、声高に叫ぶだけでなく…
ただ、感情をうつすだけでなく。
(感情はすでに、事実があおっているのですから。)

道筋のひとつとして…
もし許されるなら、ご自分のポケットマネーででも誰かを雇うことが出来ればいいと、考えていらっしゃる正社員の方は少なくないと思われます。
そのため、プロジェクト参加の正社員と会社で費用を按分してヒトを雇い、ワークシェアリングにつなげるというモデルはありではないかと考えられるのです。
昔ある正社員の方がこうもらしておいででした。
「忙しすぎる。カネで解決できるならしたい」と。
その方は実際あまりの忙しさに(※)、明け方4時までお仕事をなさっていたことがあります。
マンパワーを増やしてほしいと上司に申し出ましたところ、自分のマンパワーを最大限活用し10時から10時まで働けとのお言葉をちょうだいしておりました。

※ 契約と計画のまずさです。
「社員への」ルールはほぼきちんと守り、曲がりなりにもお世話してくださった会社になんですが、それがIT系業界のおしごと価格を不当に破壊したことは間違いありません。
その後まもなく回りまわって自社が市場からは退場することになったことについては、複雑な表情でご愁傷様と申し上げるほかワタシには考え付きません。
多くの方法で延命を図っていたのに、全くはかないハナシです。

この例で見られるように、もし許されるなら、ご自分のポケットマネーででも誰かを雇うことが出来ればいいと、考えて(というより思いつめて)おいでの正社員の方は全国に少なくないと思われます。
プロジェクト参加の正社員と会社で費用を按分してヒトを雇い、ワークシェアリングにつなげるというモデルはありではないかと考えられます。

多くの企業様は新卒とコネのある方と世界レベルの方以外を長く正社員で雇う気は、もっといえばその期間の日給以上を支払うつもりは現在基本的にないようですから実現に問題はそうないでしょう。
もっともその場合、社内にノウハウが蓄積しないという問題はありますが、そこまで切迫しておいでの会社はきわめて多くの場合、蓄積される以前になくなってしまうのでこれも実際として問題にはなりません。

個人としては、先のない相手先様に数十ヶ月間抱え込んでいただいても、個人としての有用なキャリアにはなりません。臨時プロジェクトメンバーとして招かれたという形になるほうがまだましですので。

なおこの方法は雇用の安定性を提供はしませんが、それもこの方法の欠陥ではありません。
雇用というもの自体が現在、そもそも不安定なのです。
かつてワタシと同じフロアに勤務しておりました全員は、正社員という立場でありながら、本当に一ヶ月前予告でクビを斬られました。
大口の契約がなくなり、会社が真っ赤になってしまったからです。
そしてその事態を見越した行動が、なされなかったか実を結ばなかったからです。
当時新米社会人にすぎなかったワタシから、親会社の社長までを含めた、全員によって。


いろいろと考えてゆくと、根本的なところに思いが行かざるを得ません。
そもそも問題は、雇用に正規非正規をもうけたところにあると思われます。
その間を探る葛藤のもとを、存在させてしまったのがそもそもの原因です。
法ですべて正規にすればいいのです。
非正規雇用者の待遇を引き上げることになり会社がつぶれるというなら、企業は正規雇用者と非正規雇用者をあつめてハナシをし、政府は一時助成金を出せばいいことです。
それは企業と政治の当然するべきことの範疇です。

出来うる限り先送りをして、なしくずしにしながらも、結局やることになるのでしょう。
そのとき意図的に、多くの救いもれと犠牲者を出すのでしょう。
今から、それを見越しておかなければならない。
それをできるものが、対策をとっておかねばならない。
政治の単位も法人も、すべては自分の都合と力量で動く、もっというならその範囲内でしか動けないのです。
実もふたもない言い方をすれば、スーパーマン的な活躍を期待できるほどのとてもすごいもの、ではないのです。
個人が求める“正しさ”を実際に実現するためには、個人がチカラを持ち、動くより他にないのです。

現在カネのないワタシには重いタスクですが、長い先送りがぶちっと終わったときにはひょっとしてとんでもない大富豪になっていたりするかもしれません。
たいていのことは結局赤字に終わる、そんなエネルギー法則のありかたを克服する方法を見つけているかもしれません。
そのときは迷わずやろうと思っております。
個人が求める“正しさ”を実際に実現するためには、個人がチカラを持ち、動くより他にないのですから。
かなうならできる限り、誰も潰さず敵に回さず、むしろ助けられるように。

先は長いです。
しかし幸いなことに閉ざされてはいません。
ただしもどることはできない道です。そのため自分のなかに、逃げたい気持ちも正直ありますが。

まずは、忘れずにいようと思います。まずはそこからです。
スポンサーサイト

コメント

るあきさま♪訪問頂き・・・

こんばんは☆akamameです。
本日は 訪問と書き込み頂きましてありがとうございました。

PCの調子悪く なかなか飛べませんでして
やっと 何とか辿り着く事が できました。

ブログ読ませて頂きました。
大変に高度なブログ内容で 私穴が有ったら
入りたい位に 恥ずかしいですv-401

本当に良い勉強になりました。
また 寄らせていただきたいと思います。
ありがとうございました。

ご訪問ありがとうございます!!

いえいえそんな(照)お恥ずかしいですww
お越しいただけましてありがとうございました!
今回はめずらしく長文を書いてみたのです。
普段はもっとのほーんとしてます♪
こちらこそ、またお邪魔させてくださいませ!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。